BOOK LOG

本を読むなら、自分勝手に。

読書は「自分で選ぶ」ところから始まっていると思っています。

読書録など、次なる読者の楽しみの半分を奪っているんじゃないか

と不安になりますが、それでも話したくてたまらなくなる、

これぞ本屋のさが。

2019.2.19   今村夏子「ある夜の思い出」

 神保町ブックセンターの入り口扉を開けて、平台に乗った文芸雑誌に今村夏子さんの名前を見つけ、反射的に手に取った。

数行読んで、これは今村さんご本人の話なのではないかと思った。

「学校を卒業してからの15年間無職で、一日中、畳の上に寝そべってテレビを観たりお菓子を食べたりしていた」

そうだこんな15年間を過ごしたからこそ、「こちらあみ子」(ちくま文庫)のあみ子ちゃんが生まれたんだ!

そうかもそうかも、なかなかできないよ。あとはちびまる子ちゃんくらいだよ、と読み進めていくうちに、

いつのまにか、頭頂部をがしっと捕まれ、ジェットコースターの勢いで、

なんだなんだ、えっ、あれ、あわわわわ、ぷしゅ〜、がごんっ。到着。おつかれさまでした〜!

というように、物語は終わってしまった。放心して、しばし立ち上がれない。

現実に戻り、「うん、フィクションだよね」と納得しようとするも、「もしかして、、、」がぬぐいきれない。

なんだこのリアリティ。

道に落ちてるポップコーンの味、捨てられたコロッケの油の味、アーケード商店街に腹這うときのアスファルトの冷たさ、お母さんのカップケーキの味、ゴミ収集車の前照灯の眩しさ。わたしの脳みそはその感覚を再現できてしまう。今村文章の魔法にかかっている。

 

文芸ムック「たべるのがおそい」vol.5に掲載   書肆侃侃房発行 ISBN:9784863853072