吉田修一「悪人」

 

私も、私の家族も、誰かにとっての「悪人」である可能性。

 

善人、悪人と分けられるほど人間は単純ではないし、たくさんの顔を持っている。

 

たくさんの立場が登場する中で、私は「加害者の祖父母」と「被害者の父親」に多く感情を移入していた。

私は、自分の家族のことをどれほど知っているだろう。

 

もし、自分の家族が人を殺めたとしたら、私は何を思い、何を悔やみ、何を感じるだろう。

もし、自分の家族の知らぬ一面が、思わぬ形で知らされた時、私は何を思い、何を悔やみ、何を感じるだろう。

 

 

 

 

いろんなことを考える。

 

誠実に生きていたって、巻き込まれてしまうこともある。

誠実に育てたって、育てたつもりだった、ってこともある。

 

人が人と生きて行く世界、「社会」に生きる代償。

努力して、あとは、祈るしかない。

良い風が吹きますように。悪い風に巻き込まれませんように。

 

 

 

ひとつの記憶が蘇った。

昔、父に聞いたことがある。

「子どもを持つってどんな感じ?」

 

「そりゃ、怖いよ。だってその子が殺人犯になる可能性だってあるんだから。

でも、子どもたちがいてくれて良かった。いなかったら、自分がどうなってたか分からん」

 

 

 

みんなが誰かにとっての悪人で、みんなが誰かにとっての大切な人になりうる。

 

被害者の父親の言葉が胸を打つ。

 

「あんた、大切な人はおるね?」

「その人の幸せな様子を思うだけで、自分までうれしくなってくるような人たい」

 

「今の世の中、大切な人もおらん人間が多すぎったい。大切な人がおらん人間は、何でもできると思い込む。自分には失うもんがなかっち、それで自分が強うなった気になっとる。失うものもなければ、欲しいものもない。だけんやろ、自分を余裕のある人間っち思い込んで、失ったり、欲しがったり一喜一憂する人間を、馬鹿にした目で眺めとる。そうじゃなかとよ、本当はそれじゃ駄目とよ」

 

 

私の「大切な人」の顔がひとつふたつと思い出される。

胸をなでおろした。

 

 

誰が読んでも、きっと登場人物の誰かに自分を重ねる。

吉田修一はすごい。

実は、「怒り」もすでに読了しています。こちらはまた次回。

 

 

 

発行元:朝日新聞出版

ISBN:978-4-02-264523-4 /978-4-02-264524-1