えび年のひと

夫「おれ、いまだに干支ってちゃんと覚えてないねん」

 

妻「まあ、使うの年賀状のときくらいやからなあ」

 

夫「ねーうしとらうーたつみー、、、、ん?

  【みー】てなんやった?」

 

妻「へび年や」

 

夫「え!!海老どし!!!?」

 

妻「、、、、、。」

 

 

籍を入れて、3年目に入りました。

けんかもけっこうするけれど、平和です。

 

 

 

 

本屋の棚卸クールが、明日で終了。

もうひとふんばりです。

16年も勤めていると、否応なしに後輩がどしどし出来てくるわけですが、最近すごく思うのは、「失敗をする権利」ということ。

経験があるぶん自分のそれを例に「こうしたら良いのに」といいたくなるのを、今すこし抑えています。これ、すごく難しいですねえ、、、。

 

でも、任せてみると、私の方法だけが正解ではないということがよくわかります。

成功へのアプローチの道は、取り組む人の数だけある。

 

それでも、うまく行かなかった時に、その失敗の責任はきちんと一緒にとる。

これも、なかなか覚悟がいります。

後輩も、私もそれぞれの立場で修行中。

どこまでいっても楽ちんにはなりませんね。笑

 

 

 

音楽のほうでは、

ギターのピックアップを交換することにしました。

私は、完全に「歌う」ことから入る音楽家です。ギターにしても生音が好きで、ピックアップを使った音はやはり、少し違和感があります。

とはいえ、ライブハウスで歌うにはやはり必要。

 

◎ライブハウスでの、ピックアップを併用した、ダイナミックな演奏

◎小さめの空間での、生音だけの、ありのままの演奏

 

このふたつを並行していけたらと思っています。

 

 

 

その他にも、世界は広くて、やってみたいことが山積みです。

人生ももうそろそろ半分まで来たぞ、という今からどこまで出来るのか、出会えるのか、絶対に道半ばで息絶えるのは目に見えているのだけれど(笑)、正直にいきたいな、と思います。

 

えび年の夫とともに。笑